恋ネタ

2011年6月29日 (水)

未来予想図。

二日連続で色ものの話をしてもいいですか?

今日は久しぶりにマンガンさんが家にご飯を食べに来ました。

マンガンさんというのは、私たちの家を見つけてくれた人であり、私たちがカオラックに来てからというもの、ずっと親身になって私たちを助けてくれた友人、またお兄ちゃんのような存在でもあります。

今回マンガンさんを誘ったのは、①久しく会ってないから、②雨季に備えて大家と家の改造を相談したいから。の二つの理由です。

ちなみにうちの大家、「モル」はフランス語が話せない。

だから難しい話はマンガンさんにお願いして、ウォロフ語で話してもらいます。

このモルも最近ではやたら英語を使いたがり、「おっけ~、あい、ごー、であ~」とまるで私の親友の荒井君のようなタジタジ英語を話してきますが。

モルの話はさておき、マンガンさんの話にもどります。

こんなことを言ってはなんですが、結構前から<マンガンさん⇒ゆいちゃん>という愛の矢印を感じ取っていた私たち。w

うぬぼれてると言ってくれてもいいさ、でも初めに言い出したのはかおねぇだぜ。

勘違いであってほしい!!いい友達で終わっておきたい!!

そういう思いからなるべく私からは接近しないよう心掛けてきました。

そして彼も、そんな思いをくみ取るかのように、その想いを胸に秘め、私たちと接してくれていたのです。(何様か?w)

しかし、今日の彼は違かった。

前半から結婚ネタ。

私に「セネガルに残るべきだ!」と熱弁。

セネ人と結婚しこっちに住むことのメリットを熱弁。

「僕は日本人女性と結婚したいんだ」と熱弁。

そしてこの辺から、急展開。

「2年後帰るなんて言わないでずっとここにいたらいいじゃないか。」

「セネガルで住んだら日本よりもお金はかからないし、ゆいはもうセネガルの習慣が身についているんだから、大丈夫だよ。」

「ぼくはゆいと結婚するんだ。」

わたし、笑っちゃったよね。

初めて、こんなに軽い愛の告白は、初めてだよ。w

(愛の告白なんてほとんどされたことないけど。w)

(あ、ちなみにいつもその辺のセネ男子が「俺と結婚しろ~」って言ってくるのはカウントしませんよ?)

話のネタがつきたから「子供は何人ほしいの?」って聞いたら、「ゆいは?」って聞かれ、「2~3人かな」っていったら、「じゃ僕も2~3人かな」だって。

きょえ~!!wwwww

そして極め付け。

「僕は8人兄弟の7番目で、お兄ちゃんたちはみんな結婚してるんだ。僕と下の弟だけまだ。弟は僕が結婚するまで結婚できないんだよ。」とマンガンさん。

それに対し「じゃ早くいい人見つけないとね」と言うと、

「僕はもう見つけたんだ。1年半後、彼女が仕事を終えたら結婚する。そうでしょ?ゆい」

きょほ~!!!!!!!wwwwwwwwwww

もう、笑うしかありません!!

今日の彼は、かおねぇいわく、「回りくどく言っても伝わらないと思って、今回は大胆に言ったんじゃない~?」とのこと。

しかしセネ人よ、告白するときはもっとムードとか考えてだね、慎重になるべきだよ。

もっとちゃんと真剣に告白されたら、一瞬くらいは悩むのに…

今日のじゃ笑うしかありません…申し訳ないが。

いつもは夜9時くらいには帰るマンガンさん。

今日は11時まで粘って帰られました。

のっけから最後まで結婚ネタしか話さなかったな、今日は。

最後に一言。

マンガンさんはとってもいい人ですよ。

結婚はし・な・い・け・ど♪

自意識過剰な日記ですが、おしまい。笑

| | コメント (1) | トラックバック (0)