« t.A.T.u | トップページ | あーあと3か月 »

2012年9月27日 (木)

私は村落開発普及員。

どうもみなさん。

私、セネガルにて小学校教諭としてボランティア活動をしております、ぺちゃと申します。

今回、私の任地、カオラック市のチョーファックという地区の女性グループの方々と染物をしてきました~。

夏休み中ここの地区の小学校にて数回活動をしていたんですが、それをきっかけにグループの代表の方と知り合いまして、「Cuub(チューッブ:染物)がやりたいのよ~」と言われたのがきっかけです。

染物は研修の時に草木染を一度経験しただけでしたので、できるか不安でしたが、とりあえずネットで検索、市場で聞き込み調査などしてみました。

私はボランティアですから、「できません」ではなく「やってみましょう!」と前向きな姿勢を見せたかったわけです。

言ってしまって後悔したのは言うまでもありません。

というのも、こちらで一般的に行われている染色方法、「ヘメ」と呼ばれる媒染剤と「セゲネ」と呼ばれる定着剤が必要なのですが、この「ヘメ」というもの、日本では「苛性ソーダ」と呼ばれる非常に強い酸で、水に溶けると、熱と有毒ガスを発生させるなんとも恐ろしいものなのです。

これ、一般的には石鹸作りなどに使われるらしく、油と混ぜると中性化して、石鹸の効力を発揮するとか。

ただ石鹸作りの際も、念のため一か月は放置することで、完全に酸を抜くらしいです。

こんな恐ろしいものを取り扱いたくない!!!

正直、何かあった時に責任が負えないな~と思い、逃げようとしました。

だって、マルシェ(市場)のおばちゃんたち、「あんたヘメを素手で扱ったら、手がただれて使い物にならなくなるよ!ゴム手袋買いなさいよね!!」と何度も何度も言うんです。

大丈夫かな~?できるかな~?と不安を抱えながら、資料探し。

配合とか間違ったら大変ですから、確実な情報が欲しかったのです。

そんな時、一冊の本?いや、先輩隊員が残した貴重な資料に出会ったのです!!

これがまさか、本番前夜。

その資料の名は「カーン兄妹のやさしいCuub講座」

めちゃめちゃわかりやすく、初心者でも安心してチャレンジできる、染物教科書です。

コレさえあれば!!!

染物講座の前日に、やっとその意思は固まりました。

次の日は朝から市場にて買い物。

色々情報をくれたおばちゃんの所で、ついに買い物。

おまけの染料ももらって、ありがたや~。

午後4時にいざチョーファックへ。

グループの方々も、各々白い布を用意してきてくれました。

①最初に布を適当に縛って、模様を作る作業。

「きつくしばってくださいね~」

Simg_8643


②それが大体終わってから、一度みんなを集めて「ヘメの恐ろしさ講座」。

「みなさん、ヘメはすっごく危険なものなのですよ~!」

Simg_8648

もちろんつたない現地語では伝わりきらないので、小学校の校長先生にしっかり通訳してもらい、奥様方もなんとか理解してくれたようです。


③さあ今から染色しま~す。

「その前に、マスクと手袋を忘れずにね!」

Simg_8660


「ガス発生中~!!注意~!!!」

Simg_8665


「きれいに染まるかな~?」

Simg_8668


「10分放置します~」

Simg_8652


「水で洗う作業です。みんなドキドキ~」

Simg_8654


「うっほ~い!!きれいじゃ~ん!!」

Simg_8695


「今後について、校長先生よりお話があります」

Simg_8707


「みんなで記念撮影~、きれいにできてよかったね~!」

Simg_8709


という感じで、無事!無事!無事に!第一回目、大成功で終了しました。

ちょっと不安だったのが、子どもたちの出入りが多い場所での開催だったこと。

それから、水道が無いため、水をわざわざ汲みに行かなければならなかったこと。

今後、場所の変更も考えていかないとな~と思います。

よかった点は、校長先生(私が行ってる小学校の)から奥様達にお話があり、次回から一人100Fずつのカンパをして、今後も継続していくとのことになりました。

私が、「お互いに責任をもって、いい関係を続けていきましょう」と言うと、みんな「うんうん」と聞いてくれ、今後どうなるかは分からないけど、奥様達が続けていきたいと思う限り、続けられたらいいな~と思います。

ちなみに第二回目は10月の12日です。

こらこら、ぺちゃ。

10月からは学校が始まるのでは…?

あなたの仕事は小学校教諭では…?

いろいろな疑問はありますが、10月から、毎週金曜日の夕方は、「私は村落開発普及員」として活動していこうと思います。

しかし、今回は本当に「カーン兄妹のやさしいCuub講座」に救われました。

出会わせてくれた、村落会、村長さんありがとうございました。

それから、カーン兄妹(十年前のセネガル隊員2名)にも、心からお礼を言いたい。

こうして先代の隊員の知恵を、後ろの隊員たちが受け継げること、素晴らしいことだと思います。

資料を残してくださったお二人に感謝。

ありがとうございました~!

ではでは~。

おまけ

「我が家のテーブルクロスリニューアルしました!!」

Simg_8714


|

« t.A.T.u | トップページ | あーあと3か月 »

活動のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1458897/47236841

この記事へのトラックバック一覧です: 私は村落開発普及員。:

« t.A.T.u | トップページ | あーあと3か月 »