« かおね~ と マンゴーさわこ と いっちょ | トップページ | 幼稚園生と先生と私と »

2012年9月18日 (火)

絵画コンク――――――ル!!

おまたせしました。

いや~、ぺちゃはいつになったら活動の話をするんだ?・・・と思っていたあなた!

すみません。

今からします。

この半年?お仕事してないんじゃないの、ぺちゃと思っていた方も多いでしょう。

多いと言っても、ブログ見てる人少ないと思いますが。w

それでも、たまーにチェックしているあなた!ありがとう!!

ということで、5月6月に開催した、絵画コンクール「学校と私」の様子をさら~っと報告します。

写真メインになるので、もっと詳しく「ぺちゃがどんな活動してるか知りたい!」と思ったレアな方々、下のJICA提出用報告書をご覧ください。手抜きw

「houkokusho.docx」をダウンロード


ほいではまず、コンクール開催に伴う、説明会の様子。

ここには、配属先のトップである、ムッシューセイディが来てくださいました(写真左)。

まー、彼はもちろん最初の挨拶をして帰っていきましたので、当日「頭が痛い、頭が痛い」と言って逃げ出そうとしていた、JICAボランティアのお世話役ムッシュージャオ(写真右)が司会進行してくださいました。
 
Simg_6929


続いて、配属先職員による選考会。

ちなみにカオラック市内全小学校76校のうち59校参加、提出作品数は述べ302作品に及びました。

これを一年生から六年生に分け、名前・学校名などをマスキング、さらに番号を付けて選考会に挑む。

ちなみに、この一番面倒くさい作業は、もちろん他の誰でもなく私がやる。

同任地隊員の手助けがありがたかったです。

ともあれ、選考会当日は、お金が払われない&自分の仕事が山積みにも関わらず、たくさんの職員さんが手伝ってくれました~。


Simg_7257


Simg_7259


Simg_7266

いいですね~、みなさん!

いい絵が取れましたよ!!w

こんな感じで、一年生から六年生まで、全部の賞が決まりました。

選んだ人たちも初心者なので、選考された作品の中には…?というものもありましたが、そこは気にしない、気にしない♪


そして、表彰式当日~。

表彰式にいたるまで、色々「おいおい!それ困るよ!!」ということもあったのですが、終わりよければ何チャラ~。ここでは触れないようにしたいと思います。

表彰式には、親友のマミはじめ、配属先の方や、職場の方、ボランティアの方々にお手伝いいただき、なかなか楽しい会になりました。

プレゼントの準備とか前日大変だったんですけど(夜寝るの遅すぎて、当日寝坊した)、終わるのはあっという間だったな~。


Simg_7294


Simg_7298


Simg_7331


Simg_7363

はい、こんな感じです。

計40名の子どもたちが表彰されました。(そのうち実際参加があったのは30名程度)


そして表彰式の日から3日間、表彰式をした施設の一室をお借りして、展覧会を開催。

来客は少なかったのですが、子どもたちの絵をみる機会と言うのはなかなか無いようで、見てくれた人たちは「これ子どもたちが描いたの!?すごいね!」と言ってくれ、個人的には満足でした。

自己満でいいんです。


Simg_7397

Simg_7402


展覧会の掲示では、その辺に居合わせたセネガル人のお兄ちゃんお姉ちゃんが「あんた一人じゃ大変でしょ~?」と言って手伝ってくれました。本当にありがたかった。

展覧会では、セネガル在住の日本人の子どもたちから提供して頂いた絵も掲示しました。快く引き受けてくださった、補習校の皆様に感謝です。


自分がやりたくてやった企画。

最初はみんな「またビンタ(ぺちゃのセネ名)がなにかしたいらしい」程度だったけど、だんだん「面白そうだ」と思ってくれて、「ビンタの為だったらやる」と言ってくれて、とてもうれしかったです。

子どもたちにも何が残ったかは分からないけど、このコンクールの後からあちこちで「学校のデッサンしたよ!」という子どもの声を聴くと、「あ~やってよかったな」と思うのでした。


ちゃんちゃん


|

« かおね~ と マンゴーさわこ と いっちょ | トップページ | 幼稚園生と先生と私と »

活動のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1458897/47128255

この記事へのトラックバック一覧です: 絵画コンク――――――ル!!:

« かおね~ と マンゴーさわこ と いっちょ | トップページ | 幼稚園生と先生と私と »