« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

汚い、暑い、蚊が多い

どんな町にも、その町の良さがあり、売りがあります。

私の実家、茨城も、知名度こそランキングでは最下位から2番とか3番目に属しているらしいですが、実はメロン・栗の生産は全国1位、梨も全国2位と、意外とがんばっているのです。

また、海産物では、アンコウやハマグリ、お肉部門では常陸牛、奥久慈しゃもなどが有名です。私は食べたことないのですが…(常陸牛は食べたことあるかも!)

工芸品部門で行くと、笠間市の笠間焼、常総市石下地区の結城紬、真壁町の真壁石工芸、なーどなど。

そして、訪問地として水戸の偕楽園(梅の時期は梅がとてもきれいです)、筑波山も有名。

それから、夏にはひたちなか海浜公園にてROK IN FESTIVAL開催も、毎年恒例の行事となってますね。

つくばの学園都市にはNASAもありますし~。

こんな感じで、茨城にも売りがいっぱいあります。

結構、田舎!と思われがちですし、何もない!!とも言われますが、そんなことはないのです!

それで、今日の本題を手短に。

今私が住んでいるカオラック市、セネガル人に聞いても、日本人に聞いても、「あそこは汚い!蚊が多い!暑い!」と言われるくらい、汚い市です。

隊員の間ではゴミのメッカ(ムスリムの聖地。人が集まってくる。)と言われているほど、ゴミであふれています。

そして気が付いた。

カオラックに住んでいる、カオラッコワ(カオラック住民のこと)の大半は、カオラックを好いていないということに。

カオラックの住民自身が、「ここは汚い。蚊が多い。暑い。」と口にして、「カオラックを出たい」と言う若者は少なくありません。

こんなんでいいのか!?

自分が生まれた町。

自分が育った町。

自分が生きていく町。

それを、嫌って生きていくなんて悲しすぎると思いませんか?

なので、ちょっとでもみんなが「カオラックっていいとこや~ん!!」と再認識できるよう、ルネッサ~ンス!!!(renessance:再生)をテーマとしたお祭りの開催を、同任地隊員とそのカウンターパート(一緒に働いているセネガル人)と企画しています。

成功するかは神のみぞ知る。

いんしゃ~ら。


みなさん、自分の生まれた町、育った町、生きている町、いい所知っていますか?

知ると今よりもずっと愛着がわくものですよ。ほほほ。


ほいだば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

さぁてと。

おひさしぶりです。

ここ最近本当にNET環境からかけ離れているぺちゃです。

学校も終わり長期休暇の今、毎日ダラダラと過ごしていますので、NETせずに何をしているのか?と聞かれてしまうと、ちょっと困ります。

前回の日記を書いてからは色々ありました。

いつもの活動もそうだけど、先輩隊員が企画した音楽コンクールを手伝ったり、自分で企画した絵画コンクールを実施したりと、結構忙しく活動していました。

絵画コンクールは、本当に思いつきで3月末くらいから大急ぎで準備を始めたんだけど、始めは傍観的だった配属先の職員の方々、内容が具体化するうちになんだかすごく手伝ってくれるようになって、うれしかったです。

コンクールの内容は別に日記書きますので、ちょっと待っててください。

その後、ボランティアの総会、安全対策協議会と言う年に2回のイベント(というか大きな会議)に参加。

7月半ばにやっと学校が終わって、ダラダラするぞ~と思っていたら、またもや発熱。

前回の胃腸炎再来か?

熱も下痢もおさまらず、ダカールに上京。

検査結果…赤痢&赤痢アメーバ

でした。

日本だったら病棟隔離されてしまうそうですが、セネガルなのでとりあえず、隊員宿泊所の一室で療養できました。

あんまり辛くなかったので、ほぼ毎日読書をしてゆっくりと過ごしましたね。

あの一週間で身長が伸びたのは間違いない。

そして任地にもどり、遅ればせながらのラマダン開始。

今年は10日やると去年から豪語していたので、やらないわけにはいかないのです。

幸いやることもなく、一日中ダラダラして、セネ人の家で断食明けのご飯を食べさせてもらい…と言う感じでまったく辛くはないです。

一週間ラマダンの後、今度は一週間YMCAという団体の主催する子供キャンプに行ってまいりました。

YMCAということもあってスタッフはみんなクリスチャン(キリスト教徒)、子供もみんなクリスチャン。

ブタを食べさせてもらったり、ご飯の前に歌うお祈りの歌を教わったり、とても楽しく過ごしました。

この様子も、別日記でレポートします。

日曜日に帰ってきて、またダラダラ生活の始まりです。

ラマダンも再開して、今日も明け方5時に一度おきてパンと牛乳を口にして以降、何も食べてません。

あと2時間弱で今日の断食が終わるので、今からまだかまだかと楽しみにしているぺちゃなのです。


<ラマダン中の一日>

朝5時 : この時間は「ホッドゥ」と呼ばれ、日の出前に朝ごはんを食べたり、水を飲んだりする。
      (ちなみにこの時間に何も食べず、一日中断食する人もたくさんいる)

朝5時半~夜7時半頃 : 断食。この時間イスラム教徒は、ご飯を食べても水を飲んでも行けない。また、この
                時間帯に制限されているのは、飲み食いだけでなく、喫煙、性行為なども含まれてい
                るらしい。ただしうがい、入浴、睡眠などは可。

夜7時半頃(日没後) : この時間に軽食を食べたり、飲み物を飲んだりすることを「ンドグゥ」という。まず温かい
               飲み物を胃に入れ、その後食事、そして冷たい水を飲む。
               (お金のないお家は、この時間は飲み物だけを飲むことが多い)

夜9時~10時 : 夕ご飯。普段の生活では、夜はめったにご飯を食べないセネガル人だが、ラマダン中は夜に
           ご飯を食べることで次の日のエネルギーにする。「断食」と聞くと、痩せそうだけど、夜型の食生
           活になるので、ラマダン中は逆に太ってしまう人も多いとか。

せっかくの4年に一度のオリンピック、家にはテレビが無いのでほとんど視聴できず、たまにセネガル人宅で見せてもらったぐらいでした。無念。

日本はたくさんのメダルが取れたようで、素晴らしいですね~。

セネガルに、いいことがいつまでも続いていくように唱える言葉があります。

マッシャラ~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »