« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年5月

2012年5月10日 (木)

最近のぺちゃ

おこんにちは。

みなさま、5月病はどんな感じですか?

日本では竜巻による災害があったようですね。

インターネットで少しだけ、様子をみましたが、筑波・真岡など、我が桜川市の近くでも大きな被害があったようで、心配です。

被災された方、一刻も早い復旧を心からお祈りします。


さて、最近のぺちゃはと言いますと。

①春休み明けにカオラック市内全小学校を対象にした情操教育セミナーを開催。

これは前々から企画していたんですが、大統領選などの影響でちょっと延ばし延ばしになっていたのを、無理やり「ここでやってしまえ!!」と半ば強引に押し切ってやった研修会となりました。

いや、会場になった学校の先生がすごく頑張ってくれました。

もちろんムカッとすることやうまく物事が進まなくて、カリカリしてしまうこともたくさんありましたが、色んな人のお蔭でなんとかやり切れました。

情操教育についての討論会がなかなか熱くなってて、言っている内容は半分も理解できたか分からんけど、面白かったっす。

研修後の反応としては、「うちの学校に来てほしい!」と言われて何校かにお邪魔させてもらったことや、「指導書の使い方について聞きたい!」と家に来てくれた方がいたこと等々、ぼちぼちの反応を頂き、無駄な会ではなかったかな~と思います。

つぎ。

②カオラックパティシエ~ル、初仕事=バケツプリン第二号

はて、みなさんにはバケツプリン第一号のことはお話しましたっけ?

え?してない??

実は春休み中に先輩隊員のKAMEちゃんから「帰国する前にバケツプリンをやりたい!」と言われていて、約7リットルのバケツプリンを作ったんです。

卵12個、砂糖700グラム、その他もろもろ。

これが本当においしくてね~。

見た目はお化けみたいだったんですけど、すっごくおいしかったから、いろんな人(初対面の人とかも)に「実はこの前バケツプリンをやったんです~」な~んて言いふらしてたんです。

したらね、何と注文が来てしまったんですよ。

お客様は学校環境改善プロジェクトの方。

カオラックにて研修会をするので、その時によかったらバケツプリンを用意していただきたい。とのことで、せっかく注文してくださったのをお断りできない!と、承諾。

今回のバケツプリンは前回よりもプリンっ♪と固めに仕上がり、セネガル人の皆さんも大変喜んでくださいました。

※日本からの注文はお断りさせていただきますのでご了承ください。

はい、つぎ。

③カオラック市内全小学校、全児童対象、絵画コンクール「学校とわたし」開催。

これも結構前から構想が練られていた企画です。

実際資料作りに動き出したのは3月下旬。

4月に話を詰めて、JICAからの現地業務支援経費というお金も申請が通りました。

そしてとんとん拍子で行けば、4月後半には各学校にアナウンスという予定だったんだけど、セネガルだしそんなにうまくは行きません。

配属先の偉い人(視学官)たちがすっごく忙しく動いていて、なかなか話し合いを持つ時間が取れず、結局先週、アナウンスを行う日程を決定。

今週に入って全児童分の作成用紙(A4のコピー用紙)を購入。

各学校分に分けて(姉と二人がかりでほぼ半日かかった。76校。多し。)、ようやく今週水曜日に各学校へのアナウンスを終了できました。

実際、今回来てくれたのは42校のみで、のこりの34校にこれからどうやって要項の説明、作成用紙の配布を行うのか…不明。

手伝ってくれたボランティア受け入れの人は「そのうちみんな取りに来るよ~」とまた神任せな発言をしていた。

この企画も私がすごく一人で先走ってやっているコンクールなんだけど、要項をみせると、配属の人たちも「これはすごくいいアイディアだ」とか「俺はこれをお前がやってくれると聞いてすごくうれしい」と熱いことを言ってくれたりもします。

半強制的だけど、配属際のいっちばん偉い人も来てくれて「2002年からボランティアの受け入れをしているけど、コンクールの開催はこれが初めてです」と関心を示してくれている?ようでした。

実際に配属先と協力して仕事するのは、後にも先にも、私にとってはこれが最後になりそうなので、とりあえず成功となることを祈りつつ、たんまりと配属先の力を借りようと思います。

つぎ。

④どうでもいいことだけど、目の下にできものができててすっごく痛い。

次。

⑤今年のこの暑すぎる気候が影響してるのか、マンゴーが去年よりもおいしい。

という感じです。

写真が無くて残念です。

あるんだけど、写真を乗せるのがめんどうくさいのです。

ごめんなさい。

ではみなさん、ごきげんよう!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »